第1回イベント

 2017年4月20日(木) 

名古屋中村文化小劇場

 

人が生きるということ,それには どんな意味があるのでしょう?

私たちは 死んだら どこにいくのでしょうか? 

死ぬ事の意味がわかれば、自ずと生きる事の意味も わかってくるのではないでしょうか?

比較宗教学がご専門の町田宗鳳先生に、決して死が生の終わりでないこと、そして魂や死者の力についてお話しいただきました。  

人が何度も生まれ変わる、輪廻転生、その意義について考えてみました。宗教家と医学者が,それぞれの観点から『永遠の命や魂』について論じました。

 これら二つの講演の間には、オペラとベリーダンスを鑑賞していただきました。 声楽家と舞踏家が,それぞれ『永遠の命と魂』を演出しました。

しばしの間、俗世間を忘れて『私たちは永遠不滅の生命をもった光の存在である』ということに思いを馳せたうららかな春の宵でした。